message

ご挨拶

経営理念 philosophy

奉仕を先にし、
利を後にする

をいつも心に
顧客満足と
社会貢献を
目指し、安全に配慮
した質の高い
設備工事を
顧客へ提供する。

品質基本方針

当社は、
質の高い
設備工事を提供する
ことにより
顧客の満足度と
地域社会への
貢献を目指します。

〜 創業から半世紀にわたる実績 〜

伝統を継承しつつ
新たなステージへ

今や、わが国の空調産業は世界第一位の生産規模であり 建設設備の中核的な役割を果たしております。
弊社はそのなかで、大・中規模ビル、店舗ビル等の空調・給排水設備会社として 時代を先取りした設計と施工に努め冷暖房・換気・空気の清浄そして省エネルギー対策など 皆様のニーズに対応した各種のシステム化に努めお得意先のご要望にこたえてまいりました。
今後とも創業以来の「奉仕を先にし、利をあとにする」をモットーに 選りすぐった製品と技術をお届けできますよう努力してまいる所存でございますので 一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長正田 昌久

〜 変革。そして共に創る未来 〜

人としての熱量を持ちながら
ひたむきに、真摯に

「技術者」や「職人」として、ひたむきにものづくりに向き合いながらも、 人が手掛けるからこその「温もりや親しみやすさ」も持ち合わせていたい。
私が富士冷熱副社長として、創業より変わらず抱き続けている想いです。
これは「人々の暮らしが、より快適に、暮らしやすいものであるために」と願う、 空調設備技術の本質でもあり、またものづくりの本質でもあると考えます。

この本質は、働く社員一人ひとりに対しても持ち続けたい。
だからこそ、私が重視しているのは「安全・品質・コスト」という優先順位。
企業として考える場合、品質とコストが優先されることは経営としての 良策ではあるかもしれません。しかし、私が真っ先に考えているのは、「安全」 何よりも、会社を支える社員の「安全」が第一なのです。
そして、お客様に信頼をいただくための「品質」。そうすれば、自ずと「コスト」は ついてくるものだと考えております。

働く社員がいなければ、会社自体が成り立たない。
これまでの経験も、目指す未来も、抱いている思いも千差万別である、会社の仲間一人ひとりに対し、人としての熱量を持ちながら、真摯に向き合っております。
その想いに向き合い、共に企業の成長を見守ってきてくれた仲間は、気づけば10年、20年の時を共に過ごしてまいりました。

そして今、富士冷熱は変革の時を迎えております。
未来のものづくりを担う若手層の入社により、新たな時代が築かれようとしているのです。
「ひたむきさと温もり」を持ち合わせる私自身のスタンスは創業より変えることなく、 若手層ならではの新たな価値観や彼らが創る未来に、胸を躍らせています。

代表取締役副社長平井 紀一

TOP